ブログ一覧

「10月のお休みのお知らせです」

お知らせ

 

 早くも10月

 今年も、あと3ヶ月なんですね。早いものですね。


 2022年10月のお休みにつきましては、下記の通りとさせていただいております。

 皆様のお越しを、心からお待ちしております。


祝日につきましては、通常通り施術をさせていただいております。お気軽にご利用下さい。

         
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2022年10月01日

「こんな治療院にご用心! ②」

お知らせ

 

 ちなみに、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」の第7条「広告の制限」は、店舗前・施術所前の掲示物につきましても、同様の制限をしております。

 つまり、チラシだけではなく、店舗前・施術所前におきましても、のぼりや看板・外壁などに、施術料金を掲示したり、「腰痛専門」・「腰痛に効きます」・「○○回で改善」・「施術実績○○万人」・「骨盤矯正をやっています」・「猫背矯正もやっています」・・・といった類の広告・掲示をしてはならない、と法律で定められているのです。

※違反をすれば罰則として、罰金に処されることになります。施術所内につきましては、そういった制限はなく、掲示することが出来ます。


 私も正直、この法律については少し厳し過ぎるのではないかな、と思うところもあるのですが、一般的な「揉みほぐし屋さん」や「整体屋さん」とは異なり、鍼灸院鍼灸整骨院・鍼灸接骨院は、保険も取り扱うことの出来る、医療機関に準ずる施設だからこそ、こういった規則があるのだろうと思っております。

 ・・・私も鍼灸学生の頃から今に至るまで、多くの先生の治療院へ見学に行かせていただいたことがございます。

 そして、その多くの先生が、こうしたルールをきちんと守られ、中には「本当に営業をしていらっしゃるのかな?」、「一歩入るのに、勇気がいるな・・・」というところもございましたが、中に入らせていただくと、次から次へと患者様がお越しになられ、やっぱりこの仕事はそういった見た目や見栄えの良さではなく、腕や先生のお人柄が全てだよな、と思えた次第です。


 皆様も、治療院探しで迷われた時、派手な広告・宣伝にばかり引き寄せられるのではなく、安さ・お得さにばかり引き寄せられるのでもなく、本当に信頼出来る先生はどなたなのかな?誠実に対応して下さる先生はどなたなのかな?・・・といった目線で探してみられますと、きっと良い先生に巡り合うことが出来るのではないかな、と思っております。

 誠実な先生ほど、ルールもきちんと守っていらっしゃいます。

 誠実な先生は、きっと皆様のお悩みにも、真摯に向き合って下さることと思っております。

2022年09月19日

「こんな治療院にご用心!」

お知らせ

 

 時折、新聞の折り込み広告で、「今なら、施術料¥7,700のところを¥1,980!」といった、鍼灸院・鍼灸整骨院・鍼灸接骨院のチラシを拝見致します。(わざと、○○整体院などと名前を変更し、鍼灸師であることを伏せていらっしゃいますが・・・。)

 が、鍼灸院(鍼灸には「広告の制限」というものがあり、表立って施術料金などを広告することが出来なくなっております。

 それは、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」の第7条「広告の制限」に明記されており、違反をすると罰金も科されるため、知らない鍼灸師はいないと思います。

 それを、あえて違反してまで料金を掲載される・・・。つまり、そこまで危険を冒してでも集客をしないといけない、切羽詰まった状況にある、ということが考えられるわけです。


 ・・・私が以前お世話になった先生の中には、ホームページさえも持っておられない先生がいらっしゃいました。

 が、施術の予約は次から次へと入っており、中には県外から新幹線を使って通院してこられる方もいらっしゃる程でした。

 勿論、患者様とツーショットで写真を撮ったりなど致しません。(次の患者様がお待ちですから・・・。)


 本当に凄い先生は、自分のことを自分で「凄腕」と言ったり、「ゴッドハンド」・「地域NO.1!」と言ったりも致しません。

 そうやって自分を大きく見せたり、着飾らなくても、自然と口コミだけで、次から次へと患者様がやって来られるからです。

 大げさな新聞広告を、頻繁に出しておられる先生には、そこまでの余裕が無いのかも分かりません。


 先生方は、皆一生懸命患者様のことを思い、少しでも良くなっていただけたらと、熱心に勉強をされたり、施術をされておられる方も多いです。

 私もまだまだそんな先生方から学ぶことの多い人間です。

 が、ルールを破ってでも、患者様を集めたい=繁盛させたい=儲けたい・・・といった心が見え隠れする先生のところにだけは、行かれない方が皆様の身のためではないのかな、と私は思っております。

2022年09月01日

「ワクチン接種を受けて参りました」

洗面所

 

 2022年5月14日、パセーラ11F・クレドホールにて、「新型コロナウイルス・ワクチン接種」の3回目を受けて参りました。

 1・2回目は、モデルナ製のワクチンを接種したため、発熱などの副反応がかなり出て、しんどい思いを致しましたが、今回はファイザー製を予約でき、発熱も微熱程度で治まり、助かりました


 早く元の暮らしに戻ってもらいたいな・・・と思いつつ、ワクチンや予防対策が功を奏しているからこそ、日本はこれだけの死者数で収まっているのだとも思いますから、これからも引き続き頑張っていかなければ、と思っております。

 皆様にも、引き続き感染対策のご協力をお願いさせていただきたいと思います。

 今後とも、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

2022年05月14日

「PCR検査を受けて参りました」

洗面所

 

 2021年5月13日、広島県庁にて「PCR検査」を受けて参りました。

 結果は、陰性」でした。ホッと致しました。

 引き続き、手洗い・うがいや消毒などの、感染症対策を徹底して参ります。

 今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年05月13日

「コロナウィルス禍で感じたこと ②」

無線台

 

 新型コロナウィルスは、最悪の場合、死に至ってしまう感染症です。

 東京の人が悪い、東京へ行った人が悪い・・・と、犯人探しをして、ブーブー言うだけではなく、やはり一人ひとりが、今出来ることを気を付けることによって、ある程度感染の拡がりは抑えることが出来る、ということを、5月~6月に、みんなで実践することが出来たわけですから、とにもかくにも、ワクチンや良い治療法が確立されるまでは、マスクをし、手洗いうがいをし、不要不急の外出は出来るだけ控える・・・ということを、やり続けるほかないのではないでしょうか?


 若い方は重症化しない・・・と、タカをくくるのではなく、自分が感染することによって、家族や職場の方、お医者様や医療従事者の方、そして病院へ通院しておられる方々や、入院を余儀なくされておられる方々・・・すべての方を、死の危険にさらすことにもなりかねないわけですから、その危険性をよくよく考えながら、日々行動しなければならないと思います。


 自分一人の命、自分一人の人生ではありません。

 そこまでして、「夜の街」へ出かける必要が、今ありますか?みんなでワイワイ飲食をすることによって、後でどんなことになるか、想像出来ていますか?自分のせいで、まわりまわって人が亡くなられてしまわれたら、どうしますか?

 ワクチンが出来るまでの辛抱です。頑張りましょう

2020年07月15日

「コロナウィルス禍で感じたこと ①」

無線台

 

 以前、障害を抱えておられる方々が、大勢殺されてしまった事件がありました。

 今回のコロナウィルスによる感染症も、好きで感染された方はいないと思います。

 羽目を外すだけ外しておいて、いざ病気になったら「助けて下さい・・・」と、病院やお医者様に泣きつく人はどうなのかな・・・と、私も思わないでもありませんが、やっぱりみんな、好きで病気になったり、障害を抱えたりされてる人はいないわけですから、不覚にも感染されてしまわれた方々を、非難したり、中傷したり、皆で袋叩きにするのはあんまりなのではないかな、と思っています。


 遅かれ早かれ、皆病気になったり、手足が不自由になったり、事故などによって半身が動かなくなったりすることもあるわけですから、こんな時だからこそ、困っている人間同士、助け合い、力を貸し合って、みんなでこの難局を乗り越えていけたら良いな、と思っております。

 ・・・いずれは自分も逆の立場になるのです。「早いか、遅いか」の違いだけです。

 自分が逆の立場になったとき、非難されたり、中傷されたり、危害を加えられたら、どういう思いをされますか?


 言葉や行動一つにひとつに、気を配りながら、責任を持ちながら、相手を思い合って、お互い生きていきたいものですね。

 私も、気を付けなければ、と思っております。

2020年05月01日

「春ですね!」

春

 

 今年も桜がきれいに花を咲かせ、とても心地の良い季節がやって参りました。

 ウグイスやツバメ達も、朝から賑やかに鳴き声を聞かせてくれて、心を和ませてくれています。


 最近、施術をしていて嬉しいことも、増えて参りました。

 例えば、肩の痛みでお越しいただいている患者様が、「夜によく寝られるようになった。花粉症も治ったみたい」と、おっしゃって下さったり、坐骨神経痛の治療でお越しいただいている方々で、「最近黒い便が出なくなり、きれいな便が出るようになった」と言われる方や、「以前は痔で出血するようなことがあったのに、出血することがなくなった」・・・などのお声も、頂戴するようになってきたのです。


 当院へお越し下さる方は、やはり肩や腰の痛み、脚のシビレなどを何とかして欲しい・・・と言われる方が、多くご来院下さっているのですが、そんな皆様に対しましても、当院では体の歪みや内臓の問題など、チェック出来るところは出来得る限り、すべてチェックをさせていただいた上で、それらの問題が改善できるツボを選択し、施術させていただくようにしております。

 やはり、肩や腰の痛みといえども、体の歪みの問題だけではなく、内臓の問題も、しばしば関わっているように私は感じているからです。


 特に、「黒い便」などは、胃や十二指腸に潰瘍が出来ていた恐れも考えられるものです。

 鍼やお灸は、上手に使えば、そういった内科的な問題に対しましても、時間はかかるのかも分かりませんが、改善させることが出来得るものなのです。

 体の痛みが長引き、お困りの方は、そういった内科的な問題に対しましても、少し気を付けてみられると良いかと思います。


 また、当院でも、微力ながら、皆様のお力に少しでもなりたいと、日々施術にあたらせていただいております。

 気になる症状、お困りの症状をお持ちの方は、当院で、先ずは検査だけでも受けてみられてはいかがでしょうか?

 皆様のお越しをお待ちしております!

2019年04月05日