「こんな治療院にご用心!」

お知らせ

 

 時折、新聞の折り込み広告で、「今なら、施術料¥7,700のところを¥1,980!」といった、鍼灸院・鍼灸整骨院・鍼灸接骨院のチラシを拝見致します。(わざと、○○整体院などと名前を変更し、鍼灸師であることを伏せていらっしゃいますが・・・。)

 が、鍼灸院(鍼灸には「広告の制限」というものがあり、表立って施術料金などを広告することが出来なくなっております。

 それは、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」の第7条「広告の制限」に明記されており、違反をすると罰金も科されるため、知らない鍼灸師はいないと思います。

 それを、あえて違反してまで料金を掲載される・・・。つまり、そこまで危険を冒してでも集客をしないといけない、切羽詰まった状況にある、ということが考えられるわけです。


 ・・・私が以前お世話になった先生の中には、ホームページさえも持っておられない先生がいらっしゃいました。

 が、施術の予約は次から次へと入っており、中には県外から新幹線を使って通院してこられる方もいらっしゃる程でした。

 勿論、患者様とツーショットで写真を撮ったりなど致しません。(次の患者様がお待ちですから・・・。)


 本当に凄い先生は、自分のことを自分で「凄腕」と言ったり、「ゴッドハンド」・「地域NO.1!」と言ったりも致しません。

 そうやって自分を大きく見せたり、着飾らなくても、自然と口コミだけで、次から次へと患者様がやって来られるからです。

 大げさな新聞広告を、頻繁に出しておられる先生には、そこまでの余裕が無いのかも分かりません。


 先生方は、皆一生懸命患者様のことを思い、少しでも良くなっていただけたらと、熱心に勉強をされたり、研修に出かけたりしておられる方も多いです。

 私もまだまだそんな先生方から学ぶことの多い人間です。

 が、ルールを破ってでも、患者様を集めたい=繁盛させたい=儲けたい・・・といった心が見え隠れする先生のところにだけは、行かれない方が皆様の身のためではないのかな、と私は思っております。

2022年09月01日