施術方針

待合室

 

 人の体には、痛みや病気が一瞬にして完治する「リセットボタン」は存在しません。

 痛みや発熱などの、一見不快な症状は、体に異変が起きたことを知らせてくれる「シグナル」でもあります。

 骨や筋肉、靭帯や内臓などの、体のどこかに何か無理が生じたことを、痛みは教えてくれているのです。


 ・・・例えば、肺や心臓・肝臓・胃などの内臓に問題が起きておられる方は、肩が凝られたり、痛んだりされることがあります。

 また、腎臓や大腸・生殖器・・・といったところに問題が生じてくると、腰に痛みが生じる場合もあります。

 肩や腰を揉むことで、その場をしのぐことは出来るかも分かりません。また、鎮痛薬を服用したり、神経をブロックするような注射を使うことで、痛みは一時的に楽になるかも分かりません。

 しかし、根本的な問題(内臓に負担がかかりやすい食生活生活習慣、精神的なストレス運動不足など・・・)が無視される限り、痛みはたびたび再発をしてしまいますし、あっちが痛い・こっちが痛いと、おっしゃり続けることにもなりかねません。


 当院では、根本的な問題がどこにあるのかを調べるため、施術前の検査方法にこだわり、時間をかけ、丁寧に診察させていただくことを心掛けております。(舌診・脈診・腹診・筋肉反射テストなど)

 何が原因となっているのか、何が体の負担になっているのか、見極めていくことが最も大切なことだからです。

 痛みが消えれば何でも良い・・・といったやり方・考え方では、本当の健康は取り戻せません。

 体の歪みや内臓の不調といった、根本的な問題の改善を目指し、皆様の健康を取り戻すきっかけや後押しとなれるよう、皆様と二人三脚になって、治療リハビリに取り組ませていただきます。

参考