気を付けたいこと

木

 

 体の痛みや不調を改善していく上で、気を付けたいことは、痛むところばかりに意識を向けない、ということです。むしろ、体全体のバランスを整えていくということが、遠回りに見えて何より大切なことであり、効果的なことです。

 痛みがあるところに対しては、ついつい「この痛みさえなかったら・・・」と、痛みを敵視しがちです。

 しかし、痛みがあるところは、これまで使い過ぎたり、負担をかけ過ぎたりしてきた結果、痛みが出ているだけで、これまで一番よく頑張って、体を支えてきてくれたところ、と言っても過言ではありません。

 体全体のバランスを整えて、痛みが出ているところの負担を減らしていく、ということが、何より痛みや不調を改善していく上で効果的なことなのです。

 例えば・・・、 

1.姿勢を整える。
 骨格(姿勢)が歪んでいないか、ねじれがないか、姿勢が悪くならないよう気を付ける。歪みは、ヨガなどの体操を覚え、自宅で自分で修正する習慣を身に付ける。
2.筋肉をつける。
 特に、足腰の筋力が衰えると、上半身の体重を支えられなくなるため、背中や首・肩などに、余計な力が入りやすくなり、肩こり・腰痛などの原因になりやすい。
3.内臓に負担をかけ過ぎない。
 内臓の働きが低下すると、血液の循環に問題が生じるほか、それぞれの内臓に対応した筋肉の動きにも影響が生じる。暴飲暴食に気を付けること。
4.血液循環を良くしていく。
 体温が上がるように運動をしたり、シャワーだけでなく、お風呂にゆっくりつかるなど、工夫してみる。血糖値コレステロールが上がらないよう、食事にも気を付けてみる。
5.の浮き沈みに振り回されない。
 精神的にイライラ・カリカリし過ぎたり、緊張し過ぎたり、落ち込んだり、考え過ぎたりすると、体調を崩しやすくなる。余計なことに首を突っ込み過ぎず、ひとりで静かになれる時間や場所を作ったり、夢中になれる仕事や趣味を見付け、打ち込んでみる。
6.焦らない
 休むべき時はしっかり休んで、体の回復を待つこと。無茶をしないこと。気張らないこと。

 といったことが、大切に思います。