ヨガ・体操について

ヨガ

 

 もし親しいお友達やパートナーの方がいらっしゃるなら、お互いで体のねじれがないかどうか、時々見てもらうと良いと思います。

 立った姿で、すでにが傾いていたり、猫背であったり、O脚X脚になっていらっしゃるなら、やはり首や肩がこりやすかったり、足腰に痛みが生じやすかったりすると思われます。

 また、立位ではスッと立っているつもりでも、ゴロ~ンと仰向けになった状態で見てみると、左右の足の開き方が異なっていたり、左右の脚の長さ(くるぶしの位置や、踵の位置を見比べてみると、分かりやすいです)が異なっていたりすることもあります。

 脚の長さが異なるということは、骨自体の長さが変わったということではなく、骨盤の部分で歪みが生じている可能性がある、ということになります。


 そういった、自分ではなかなか気が付きにくい、ちょっとした姿勢の悪さが、災いしている痛みや症状もあるのです。

 例えば、猫背になりますと、深い呼吸がしにくくなって、ため息ばかりが出やすくなったり、胃がつかえる格好になるため、消化が思うようにいかなくなったり、元気を出そうと思っても、出しにくくなったりします。

 ・・・が、いつもいつも軍人さんのように、ピシっとしていることは出来ませんし、そんなことをするとかえって体が緊張して、疲れてしまいます。

 それでは、どうすれば良いのかと申しますと、ヨガなどの体操を習って、それを自宅でも行う習慣を身に付けられると良いと思うのです。