不妊症について 

犬

 

 東洋医学では、「腎」が泌尿器・生殖器の働きを司る、と考えています。

 「腎」は、腎臓そのものだけを指す言葉ではなく、子宮や卵巣、膀胱や前立腺などの、泌尿器・生殖器全般の働きをひっくるめて指している言葉です。


 「腎」の働きを低下させる、と考えられている要因は、下記の通りです。

  • ・過飲食。糖質分の過食・過飲。フルーツの常食。
  • ・アルコールや水類の過飲。夏の冷たい飲物の過飲。
  • ・夏の寝冷え。体を冷やす。
  • ・塩分の過食。
  • ・深夜勉強。深夜テレビ。深夜作業。徹夜作業。宵っぱり。

 

 ・・・などです。

 「腎」は、「寒」(寒さ・冷え)に弱いと考えられており、冷飲飲食などの体を冷やす行為が特に良くないと考えられています。

 また、「腎」は「脾」の働きが過剰になり過ぎても、相剋の関係によってその働きが弱められてしまうと考えられており、糖質分の過食・過飲などによっても、その働きが弱くなってしまうと考えられています。


 ・・・以上の要因は、あくまで一例であって、必ずしもこれらの事柄を行ったからと言って、すぐに「腎」の働きが低下してしまう、という話では決してありません。

 例えば、水分や塩分なども適度に摂り続けていかなければ、逆に体調を悪くされてしまったり、生きていくことすらも出来なくなります。

 私自身、普段果物や甘い物を口にすることもありますし、暑い夏には冷たい食べ物や冷たい飲み物を口にすることもあります。

 ですが、これらの行為を年中、過度に行い続けることによって、「腎」の働きは低下していく恐れがあると、東洋医学的には考えられているものです。

 また、人は先天的な体質として、元々「腎」が強い人・「腎」の弱い人、「脾」が強い人・「脾」の弱い人・・・と、様々なタイプがあるとも考えられており、例えば寒さにも強い人・弱い人、お酒にも強い人・弱い人・・・といらっしゃるように、いくら上記の事柄を行ったからと言っても、すぐすぐ「腎」の働きが弱くはならない方も、中にはいらっしゃいます。


 これらの考え方を元に、今増加している不妊症について考えてみますと、やっぱり不妊の問題でお悩みの方にとって一番の大敵となるのは、「体の冷え」ではないか、と思われるのです。