坐骨神経痛

コーヒー

 

 左のお尻~脚にかけて痛みを感じておられる、坐骨神経痛の患者様がお見えになられました。

 この方は、昨年(2015年)の10月に初めてご来院いただき、週1~2回ほどの頻度で現在(2016年1月下旬)も通院していただいております。

 初めは、杖をつかれながら、痛々しく「びっこ」をひかれて来院しておられましたが、最近は調子が良いそうで、時々お尻に痛みを感じてしまうことはあるそうですが、歩き方も今では杖がなくても歩ける程には改善されました。


 この方は、尿崩症という大きな病気も患っておられ、尿がたくさん出てしまうために、水分をたくさん摂らなくてはいけない状態にあります。

 そのため、いつ診察させていただいても、の辺りだけが冷たく、冷えきっています。

 最近は、温かいことも多かったのですが、今日も冷たかったのでお伝えしたところ、「そういったことに気付かせてもらえるので嬉しい」と、おっしゃって下さいました。

 私はとても嬉しかったです。